「おさかな商品」開発進捗報告 Vol.1 ~#ほしいをカタチに!プロジェクト~

2022年6月10日

今年の5月から始まったパルシステムのWEB参加型商品開発「#ほしいをカタチに!プロジェクト」―第1回目の活動として、地球温暖化の影響で日本での漁獲量が増えている「コショウダイ」を使ったおさかな商品を開発しています。

モニター100名が決定しました

利用状況や口コミの内容を参考に、今回の商品開発にぜひ参加していただきたい組合員へ招待メールを配信したところ、多くの方より反響をいただきました!
小学生のお子さんがいらっしゃる方などを中心に、開発に協力いただける100名のモニターが決定。末永く愛される商品を作るために、組合員のみなさんと「ほしい!」をカタチにしていきます。

新商品開発の最初のステップとして、6月末より既存の人気商品を題材に、新商品開発のためのご意見や要望を集めます。

試食いただくのはこの商品

今回お試しいただくのは、こちらも組合員開発協力商品である「フライパンでまぐろの漬けカツ」です。この商品は、その食べやすさや調理のしやすさから、2019年の発売以降、幅広い世代に支持されています。新商品開発の参考にはぴったりのおさかな商品です。

モニターが終わったら、試作サンプル作り!

「フライパンでまぐろの漬けカツ」の試食とアンケート回答は7月中旬頃まで。そこで集まった意見を元に、パルシステムの商品担当者が産直産地の長崎県漁業協同組合といっしょにコショウダイをおいしく食べるための味つけや調理方法を考えて、試作サンプルを作ります。
100名のモニター組合員のうち、「商品の完成まで立ち合いたい!」と手を挙げてくれた方の中から20名程度に、サンプルのお試しやオンラインでのディスカッションに参加いただく予定です。

どのような声が集まり、どんな商品が出来上がっていくのか……商品担当も楽しみにしています♪

開発までの様子はSNSでも

5月のスタートから、商品開発の様子や進捗は、パルシステムのWebサイトやSNSで随時報告していきます。モニター組合員が『#パルシステムほしいをカタチに』を使って、InstagramやTwitterで活動の内容を投稿していくので、こちらもぜひご覧ください。

パルシステム公式 Twitter

パルシステム公式サイト

▼プロジェクトについてはこちらから

今春スタート! 『#ほしいをカタチに!プロジェクト』