2024年産「予約登録米」の募集受付開始 23年度は環境保全型の仕組みが評価

2024年4月1日

パルシステム連合会は2024年4月3回(4月1日)から、2024年産の「予約登録米」の登録受付を開始します。「予約登録米」は指定の銘柄を収穫から1年間、定期的に届ける仕組みです。

「食べる人」と「作る人」の持続的な安心のために

予約登録米は、田植えの段階で指定の銘柄を登録することで、1年間4週に1度定期的に米が届く仕組みです。1993年の冷害による米不足を契機として1995年に始まり、2024年で30年目を迎えました。

「食べる人」が嬉しい

4週に1度、5kgまたは3kgから選んで登録ができます。注文をし忘れる心配もなく、不作や大規模災害などの場合でも登録者に優先的に届けています。受け取りが難しい場合は、お届けを休むことも可能です。
さらに「予約登録米」に登録すると、通常の注文よりお得(※)に利用することができます。
※同一の銘柄、産地、栽培基準と比較した場合

「作る人」も嬉しい

すべての産地で化学合成農薬や化学肥料にできるかぎり頼らない栽培を目指しています。栽培には手間も時間もかかりますが、田植え前から出荷が約束されていることで、生産者は安心して米を栽培することができます。
利用が増えることで環境保全型の農業が広がり、次の世代を育てるあと押しにもつながります。

「予約登録米」の仕組み

1

組合員が、1年分のお米を
事前予約

2

生産者は、環境に配慮した
米作りに専念

お届けするのは化学合成農薬や化学肥料にできるだけ頼らない有機米またはエコ・チャレンジ米(「北海道ななつぼし」は除く)。注文数の予測がつくので、手間ひまのかかる米作りにも安心して取り組めます。

3

定期的に届いて、
しかもお得

  • 組合員は注文する手間いらず
  • 不作などの場合も優先お届け
  • 通常注文よりもお得(※)

※同一銘柄、産地、栽培基準の場合

2023年度の実績

2023年産の登録世帯数は2年連続で20万世帯を超え、点数は1.9%増の29万6千点となり、多くの方にお米を届けることができました。

2023年度はその仕組みが評価され、「グッドデザイン賞」や「サステナブル★セレクション2023」三つ星を獲得。年々米の国内消費が減少する中、環境保全型農業による持続可能な生産と消費の確立に向けた取り組みが評価されました。

グッドデザイン賞受賞のおしらせはこちら

 

サステナブル★セレクション2023受賞のおしらせはこちら

2024年産「予約登録米」の募集

おいしいお米が定期的に届き、環境に配慮した米作りを行う生産者の応援にもつながる「予約登録米」。
今年は、全国28産地、10銘柄から選ぶことができます。

2024年産予約登録米募集銘柄一覧(PDF)

登録・内容の変更方法

2024年 4月3回から、2024年産米の登録申し込みが開始します。通年で受付可能ですが、このタイミングでの登録であれば確実に秋の新米シーズンに間に合い、生産者も栽培計画を立てることができます。ぜひご登録ください。

《方法1:インターネット注文サイト・アプリから》
「インターネット注文サイト」にログイン

▼「カテゴリ」>「定期お届け」>「予約登録米」>「【先行受付】2024年産・予約登録米」よりお申し込みください。
※銘柄や数量等は、同じページで変更が可能です。

 

《方法2:注文用紙から》
4月3回の「産直365」をご覧いただき、注文用紙の「6桁商品注文欄」から申し込むことができます。

 

お米で超えてく

パルシステムが2022年度から呼びかけるサステナブルアクション「超えてく」の一環。2023年度から米消費を通じ食料自給率の向上や持続可能な食生産をめざす「お米で超えてく」を重点テーマとし取り組んでいます。

「お米で超えてく」特設ページはこちら