パルシステムのお買い物&コミュニティ

エコでおしゃれな新商品カバーを開発 帰宅時になごみ、くらしになじむデザインを

2017年9月15日

 

野菜のイラストをふんわりと配置

もっと若い世代に寄り添った事業を開発したい――2016年春、パルシステム連合会で「若年層タスク」が発足しました。開発された商品カバーは、立候補で集った若い職員チームから提案された施策のひとつです。くらしの風景に溶け込む、温かくも洗練されたデザインを追求しました。

商品カバーは、不在時に荷物を留め置きする際、紛失、獣害などを防止するために通い箱にかけておくものです。利用の意向がある組合員のみなさんへ、各生協から貸し出しています。

元となるデザインはグループ職員の公募と投票で決定しました。野菜のイラストをふんわりとあしらい、予約登録米に取り組むパルシステムの象徴として、稲穂も配置しています。商品化にあたっては、デザイナーとイラストレーターを新たに起用し、描き起こしました。

旧制服を「捨てない」プロジェクトに参加

特筆すべきは、2017年4月からの新ユニフォームへの切り換えにともない、大量に廃棄されてしまう旧ユニフォームを廃棄せず、再利用することで石油資源やCO2排出量の削減に貢献しています。不要となった衣料品を再資源化する㈱日本環境設計の衣類リサイクルプロジェクト「BRING」に参加しました。カバー下部には、同プロジェクトのロゴマーク(ミツバチ)が入ります。2017年8月までに回収された旧ユニフォームは6.6トンに及び、CO2排出量を5割以上削減したことになります。

「産直と環境のパルシステム」をそのまま表現した新商品カバー。1万5千点を制作し、一部会員生協にて10月頃から運用される予定です。

パルシステムはこれからも、持続可能性を念頭に、若い世代に寄り添った取り組みを進めていきます。

身近な体験を新事業につなげるプロジェクト

新商品カバーは「シッパー(配達に使用する発泡スチロール箱)がださい」「帰宅時のテンションが上がらない」といった声に、再生繊維の活用を組み合わせ、パルシステムの取り組みを体現したものです。このほか若年層タスクで発案され、実現しているものとして「わたしのママくらし」の発行、3日分の時短ごはんセットyumyumでのお料理セット取り分けメニュー提案などがあります。

お問い合わせ

パルシステム連合会 広報担当
TEL:03-6233-7241