「漬け魚」本来のうまみを引き出して、おいしさをプラス。漬け床に入れておくだけだから、失敗なし! いいことづくめの魚料理♪

2021年2月9日

魚をどうやって料理するか悩む人は、案外多いのでは。そして「塩焼きが一番!」と、調理がワンパターンになりがちな人も……そこでおすすめなのが、この”漬け魚”。漬けておけば、あとは食べるときに焼くだけ。家にあるいつもの調味料でできるのに、プロの料理人が作ったような仕上がりに、家族もおどろくはず☆

>「漬け魚」のレシピはこちら!

子どもも満足のお魚メニュー!

食べ盛りの子どもや、お魚がちょっと苦手な子には、まずコクがある「みそ漬け」がおすすめ! 食べごたえも充分です。付け合わせにカラーピーマンのソテーなど彩りがよい野菜を添えれば、箸ものびるはず。「しょうゆ漬け」は青魚のくせをまろやかにし、香ばしく焼き上がります。いずれも、ごはんによく合う♪

 
やってみた

手づくりラボ編集部がおうちで。夕飯にもお弁当にも大活躍☆

初めて漬け魚に挑戦しましたが、簡単においしくできてびっくりしました。朝、仕事に行く前に漬け込んだので、夕飯のときは焼くだけでOK! いつもより夕飯の支度がラクでした(笑)。「めかじきのみそ漬け」は多めに漬け込んで、翌日のお弁当にも。魚料理のレパートリーが広がってうれしいです♪

「#パルの手づくりラボ」で投稿してね

「漬け魚」を作ったら「#パルの手づくりラボ」を付けてInstagram、Twitter、Facebookに投稿してね。

専用投稿フォームからも投稿できます。
たくさんの投稿お待ちしています♪

>専用フォームから投稿

投稿に際して

・投稿いただいた一部の画像・動画は、SNS(Instagram 、Twitter、 Facebook )や「パルの手づくりラボ」「パルシステム各種カタログ」などで紹介させていただく場合があります。
・プライバシーを侵害する投稿、第三者の知的財産を侵害する投稿はご遠慮ください。
・本募集は各SNSの主催するプロモーションではありません。

 

「漬け魚」のテーマ【 家族で楽しむ台所じかん 】
素材の変化にわくわく。でき上がりの形や大きさが個性的なら、むしろ大成功!?
手づくりしたら、でこぼこが当たり前。世界にひとつだけのおいしさを楽しもう。

パルの手づくりラボ