「手作りソーセージ」豚ひき肉のうまみを最大限に生かせるメニュー! 加熱工程で出た肉汁はソースにアレンジ。

2020年9月29日

子どももおとなも大好きなソーセージ。いつもは買っているけど、今日は手作りしてみよう☆ 自分で作ってみると、材料や作り方、工場で作ったものとの違いを知ることもできますよ。シンプルな材料だからこその、肉の味わいが楽しめる仕上がりです♪

>「手作りソーセージ」のレシピはこちら!

手早く混ぜるのがコツ。

ソーセージ作りのポイントは、肉と塩、水分を冷たい状態でしっかり練り混ぜること! うまみを逃さず、弾力ある食感に仕上げます。パルシステムのチルドの豚ひき肉は2度びきでなめらかなので、粘りが出やすくおすすめです(冷凍の豚ひき肉でも同様に作れます)。

 

やってみた

手づくりラボ編集部おうちで。ソーセージが手作りできるなんてびっくり!

「家で作れるの?」子どもたちは半信半疑の様子でしたが、ラップで包んで形になってくると「ソーセージだ」とウキウキ☆ 大ぶりのソーセージを、ホットドッグにしてパクリ! 肉のうまみやボリューム感があって、大満足のおいしさでした。

「#パルの手づくりラボ」で投稿してね

「手作りソーセージ」を作ったら「#パルの手づくりラボ」を付けてInstagram、Twitter、Facebookに投稿してね。

専用投稿フォームからも投稿できます。
たくさんの投稿お待ちしています♪

>専用フォームから投稿

投稿に際して

・投稿いただいた一部の画像・動画は、SNS(Instagram 、Twitter、 Facebook )や「パルの手づくりラボ」「パルシステム各種カタログ」などで紹介させていただく場合があります。
・プライバシーを侵害する投稿、第三者の知的財産を侵害する投稿はご遠慮ください。
・本募集は各SNSの主催するプロモーションではありません。

 

「手作りソーセージ」のテーマ【 家族で楽しむ台所じかん 】
素材の変化にわくわく。でき上がりの形や大きさが個性的なら、むしろ大成功!?
手づくりしたら、でこぼこが当たり前。世界にひとつだけのおいしさを楽しもう。

パルの手づくりラボ