クセが強い!独特の香りをカリッと楽しむ「らっきょうの甘酢漬け」

2020年5月18日

夏に行ったおばあちゃんちではじめて食べた”カレーの添え物”。ツンと鼻に付くあの独特の匂いと食感がクセになったのは、大人になってから。あの味と、同じ味が出せるといいな——。

塩漬け不要、家にある調味料で作れる手軽なレシピで「らっきょうの甘酢漬け」に挑戦してみよう♪

らっきょうは生命力旺盛ですぐに芽が出てしまうので、手に入れたらすぐに漬けて。根をぎりぎりのところで切り、長時間水につけたままにしないことが、食感よくカリカリに仕上げるコツです。

>「らっきょうの甘酢漬け」のレシピはこちら!

らっきょうの注文は6月1回まで。お見逃しなく!

らっきょうを注文するなら今。下記レシピページからどうぞ!

※商品の注文にはログインが必要です。

クセがいきる!らっきょうの実力

らっきょう うま塩だれ

タルタルソース以外にも、アレンジはたくさん。クセが強いからこそ、ひと味違う良い仕事をしてくれます!夏場の食卓におすすめなのは「うま塩だれ」。らっきょう本来の風味を残しながら、なんとも「ビールによく合う!」のです♪

>「らっきょう うま塩だれ」のレシピはこちら!

「#パルの手づくりラボ」で投稿してね

「らっきょうの甘酢漬け」に挑戦したら、#パルの手づくりラボ をつけて、体験記をアップ!

Instagram、Twitter、どちらも大歓迎。

 

■「らっきょうの甘酢漬け」のテーマ【 日本の四季の恵みを味わう 】
海あり山あり、四季折々の豊かな自然と共に育まれてきた、日本の食文化。
旬の恵みを長くいただく昔ながらの知恵を、今改めて体験しよう。

パルの手づくりラボ