「おばけナン」夏を盛り上げる、おばけ×カレーのコラボレーション。

2022年7月11日

<左はプレーン、右はトマトジュース入り>

インドカレーに添えられている “ナン”。
不思議な形が、まるで絵本に出てくるおばけみたい! 顔を付けたら、楽しさもおいしさもアップ♪
ナンの作り方は基本的にはパンといっしょですが、ふっくらきれいに膨らまなくていいので、失敗を恐れずにチャレンジを。フライパンで焼くお手軽レシピです。

トマトジュースやチーズを使ったアレンジも紹介しています。

>「おばけナン」のレシピはこちら!

 

ナンの生地がふくらむ秘密は、発酵。

生地に加えたイーストが糖分を分解して炭酸ガスやアルコールを出し、生地がふくらみます。これが “発酵”。
1時間ほど生地を発酵させている間にカレーを仕込めば、ナンが焼き上がるころに、ちょうどいい具合に!

 

やってみた

手づくりラボ編集部の休日ランチに。チーズナンがカレーに合う!

子どもたちがイメージしている「おばけ」を作ろうと、生地を思いっきり引っぱるのでちぎれてしまい、何度もこねこね……ちゃんとできるか心配でしたが、仕上りはお店のナンにも負けないビジュアル&もっちり感。ナンに合わせて野菜をたっぷり入れたキーマカレー風にしましたが、ピーマンも気にせずモリモリ食べました!

「#パルの手づくりラボ」で投稿してね

「おばけナン」を作ったら「#パルの手づくりラボ」を付けてInstagram、Twitter、Facebookに投稿してね。

専用投稿フォームからも投稿できます。
たくさんの投稿お待ちしています♪

>専用フォームから投稿

投稿に際して

・投稿いただいた一部の画像・動画は、SNS(Instagram 、Twitter、 Facebook )や「パルの手づくりラボ」「パルシステム各種カタログ」などで紹介させていただく場合があります。
・プライバシーを侵害する投稿、第三者の知的財産を侵害する投稿はご遠慮ください。
・本募集は各SNSの主催するプロモーションではありません。

 

「おばけナン」のテーマ【 家族で楽しむ台所じかん 】
素材の変化にわくわく。でき上がりの形や大きさが個性的なら、むしろ大成功!?
手づくりしたら、でこぼこが当たり前。世界にひとつだけのおいしさを楽しもう。

パルの手づくりラボ