募集2月の「物流・ITおしごと体験」 “2024年問題”をカラダで理解

2024年1月25日

仕分け機器とタブレットで学ぶ宅配のしくみ

パルシステム連合会(本部:新宿区大久保、理事長:大信政一)は2月12日(月祝)と2月23日(金祝)の両日、東京都稲城市の物流・ITの体験施設で、小学生とその家族を対象とした「おしごと体験」企画を開催します。タブレット端末や実物と同じ仕分け機器を使用し、物流とITを学べます。

 

本物の機械で仕分け体験

おしごと体験は、パルシステムの物流センターで実際に使用されている仕分け機が設置されているほか、オリジナル動画やパネル、タブレットなどを用意し、楽しみながら宅配のしくみを知ることができます。所要時間は1時間程度です。

施設は、2023年8月に開設しました。これまで夏休みや祝日などに20回開催し、300名が参加しています。そのほか地元小中学校の職場体験も受け入れています。

物流をめぐっては、4月の法規制強化にともないトラックドライバーの不足が見込まれる「2024年問題」が懸念されています。企画では、人手不足を回避するための物流や情報システムを駆使し、大量の商品を確実に配達するまでのしくみを紹介します。

2月の開催日程(プログラムは1時間程度、開催1週間前締め切り)

2024年

2月12日(月祝)①11時~②14時~(申し込み締め切り2月5日・月)

2月23日(金祝)①11時~②14時~(申し込み締め切り2月15日・木)

※14時からの開催回は、抽選倍率が比較的低くなっています

 

申し込みは、下記URLか2次元コードで案内しています。(事前申込制)

https://forms.gle/k2A5HGZvL9PK3Cox8

パルシステム物流・ITおしごと体験施設

所在地:東京都稲城市百村2111 パルシステム連合会稲城事務所1階(稲城駅から徒歩15分、南多摩駅から徒歩20分)

「親子おしごと体験」のようす

実際の機器を使った仕分け体験

お母さんの体験を子どもが撮影する姿も

タブレットやパネルを使って宅配のしくみを考えます

募集中の企画