募集【回答で5ポイント】「野付漁協の取り組み」動画を見てアンケートに答えよう

2018年9月10日

おいしい海産物を提供しつづける「野付漁協」

北海道の道東にある半島・野付。
この野付半島沖は、ほたて、いくら、鮭など豊かな海産物が育つ海域となっています。

『コア・フード野付の産直ほたて』と『北海道野付のいくらしょうゆ漬け』(盛りつけ例)

 

『野付の産直ほたて』はとろりと甘く、肉厚で濃厚。そのおいしさはもちろん、人と環境にやさしい生産の仕組みから、パルシステムのトップブランド「コア・フード」にも認定されています。

9月4回の『コトコト』『きなり』『タベソダ』では、この野付の海産物を中心とした北海道フェアを開催。
「よりどり5%オフ」となるこの機会に、野付の商品をぜひ味わってください。

このたび、「産直ほたて」などの産直産地・野付漁協の取り組みを紹介する動画を作りました。今回はこの動画を見て、あなたの感想をお聞かせください。

アンケート回答はこちら

獲るだけの漁業から育てる漁業へ

「作り手と食べ手がつながる、いのちを育む社会を」。

パルシステムは、「顔が見える関係」で生み出された信頼をもとに、確かな商品をお届けしています。
同時に、環境に配慮した「持続できる食生産のあり方」も追求し、森や海の保全活動にも力を入れています。

野付漁協では1988年より、豊かな海を守るための植樹活動に取り組んでいます。この取り組みにパルシステムも協力し、組合員も毎年参加。2018年6月には植樹本数1万本を達成しました。かつて木の伐採により荒れてしまった土地も、今では豊かな森となっています。

パルシステムはこれからも、組合員とともに海を守り、育む活動を行っていきます。

野付コープの森(2018年7月)

アンケート募集要項

回答締切 2018年9月24日(月)午前10時まで
回答
ポイント
5ポイント(付与時期:2018年10月末予定)

回答はこちらから

※回答にはログインが必要です。

募集中の企画