「ジャパンSDGsアワード」を受賞しました 組合員の“選ぶ”でつくる社会づくりが評価

2017年12月26日

このたび新設された政府の「ジャパンSDGsアワード」で、パルシステムの「『ほんもの実感!』くらしづくりアクション」が、SDGs推進副本部長(官房長官)賞を受賞しました。授賞式は12月26日(火)、総理大臣官邸で開催されました。

「ジャパンSDGsアワード」は、2015年に国連で採択されたSDGs(※)の達成に向けて、優れた取り組みを行う企業・団体等を表彰する制度で、2017年度は第1回目の開催となります。応募総数が280を超えるなか、パルシステムは「顕著な功績が認められる団体」として、SDGs推進副本部長(官房長官)賞を受賞しました。

表彰式は12月26日(火)、内閣総理大臣官邸で開催されました。代表者として表彰状を受け取った石田敦史理事長は「商品を“選ぶ”ことで環境保全や地域の活性につなげ、持続可能な社会づくりを目指すふだんの活動が評価されました。組合員一人ひとりの“くらし”が表彰されたと感じています」と述べました。

菅義偉官房長官から表彰状を受け取る石田敦史理事長(後ろは「SDGs推進大使」のピコ太郎さん)

※SDGs(持続可能な開発目標):2015年に国連サミットで採択された2030年までの国際目標。持続可能な世界を実現するための17のゴール、169のターゲットで構成され「地球上の誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

「『ほんもの実感!』くらしづくりアクション」とSDGs

国連や日本政府は、SDGs実現へ向け、協同組合を「役割を果たすべき民間セクター」「連携するステークホルダー」と位置づけ、市場原理だけで解決できない課題への社会的機能として協同組合に期待しています。

協同組合の一員としてパルシステムは、理念「心豊かなくらしと共生の社会を創ります」に基づき、商品を“選ぶ”ことで持続可能な社会の実現を呼びかける「『ほんもの実感!』くらしづくりアクション」を展開しています。利用や交流を通じた「作る」と「食べる」をつなぐ活動で、生産者と消費者の信頼関係構築をベースとした、持続可能な資源循環型の社会づくりを進めていきます。

12月25日(月)から組合員へ配布しているカタログでもSDGsを紹介しました。

 

(参考)12月25日(月)から組合員へ配布しているカタログの裏表紙

お問い合わせ

パルシステム連合会 広報担当
TEL:03-6233-7241