パルシステムのお買い物&コミュニティ

日本政府へ核兵器禁止条約の批准を要請 「核兵器のない世界」へ積極的役割を

2017年7月18日

パルシステム連合会は2017年7月17日(月)、安倍晋三首相に対し「核兵器禁止条約の批准を求める要請書」を提出しました。同条約への批准と、唯一の戦争被爆国として「核兵器のない世界」へ積極的な役割発揮を求めます。

国連本部で開かれていた核兵器禁止条約制定へ向けた交渉会議は2017年7月7日(金)、129カ国が参加するなか最終日を迎え、122カ国の賛成多数で条約が採択されました。核兵器を違法とする条約が国連で採択されるのは、歴史上初めてのことです。

しかし、日本政府は当初から、条約交渉に反対し、交渉も不参加のまま採決にも参加しませんでした。さらに採択された同日、別所浩郎国連大使が「署名しない」ことを明言しました。

これを受けパルシステム連合会は7月17日(月)、安倍晋三首相に対し要請書を提出し、条約への批准と「核兵器のない世界」の実現へ積極的な役割発揮を求めました。

「核兵器禁止条約の批准を求める要請書」全文はこちら(PDF)

パルシステムはヒバクシャ国際署名に賛同しています。詳しくはこちらから