パルシステムのお買い物&コミュニティ

「フィリピン・オルタートレード社(ATC)公開確認会」を開催 安全なバナナがつなぐ海を越えた産直交流

2016年10月25日

パルシステム連合会は10月3日(月)から9日(日)の日程で、フィリピン・ネグロス島にて「フィリピン・オルタートレード社(ATC)公開確認会」を開催しました。

atc1

7年ぶり、3回目の開催

公開確認会は、生産者と消費者の二者が産地で生産状況を確認するパルシステム独自の制度です。1999年にスタートし、これまでの開催数は2015年度末で累計119回に上ります。

atc2

二者認証(監査)と参加者を歓迎する横断幕

「フィリピン・オルタートレード社(ATC)公開確認会」は、パルシステム連合会主催により、フィリピン・ネグロス島で開催しました。事前の講習会を修了した監査人と一般参加の組合員、生産者、生協役職員、関係者など16名が参加し、6泊7日の日程で、監査品目のエコ・バナナ(バランゴン)の栽培状況や帳票などについて確認しました。今回の公開確認会は7年ぶり、3回目の開催となります。

点在するバナナの産地を訪ねて

オルター・トレード社はネグロス島で1980年代半ばに発生した飢餓をきっかけに、生産者の自立を支援するために設立された会社です。現在、生産者はネグロス島のほか、ミンダナオ島など5つの島に拡大しています。バナナの輸入元は、パルシステム連合会の協力会社である㈱オルター・トレード・ジャパンで、1990年より監査品目である「エコ・バナナ(バランゴン)」の供給が始まりました。

atc3

タンハイ地区で行なった苗の定植のようす

4日(火)に首都マニラからネグロス島のドマゲッティ空港に移動し、タンハイ地区を視察しました。ここは標高の低い平地の産地で、管理栽培が進み、品質の高いバナナが生育されています。バナナの袋がけ、収穫、苗の定植を体験、生産者との意見交換を行ないました。5日(水)は、標高の高い山中の産地である東ネグロス州のロウアカンダボン村を視察しました。ここでは生産者との意見交換、収穫と買い付けを視察しました。

atc4

ロウアカンダボン村での収穫体験

6日(木)は、農法や技術に関する学びや経験を共有しあう場である「カネシゲファーム・ルーラルキャンパス」を訪問しました。地域の次世代の担い手である若者が研修生として住み込み、農業技術や適正技術を学んでいます。2009年から稼動しているBMWプラントと農場を視察し、農場で働く職員や研修生と交流を深めました。カネシゲファームには過去、パルシステム連合会のレインボー・パル基金や地域づくり基金での助成実績があります。

atc5

カネシゲファーム・ルーラルキャンパスでの交流

7日(金)には西ネグロス州パダック村を訪問し、ATCが目指している有畜複合農業を視察しました。バコロドのホテルに戻り書類監査を行なった後、ニアノース・パッキングセンターを視察し、産地から納品されたバナナの調製・箱詰め作業を見学しました。

atc6

atc7

ニアノース・パッキングセンターでの作業

バランゴンバナナ:産地紹介(オルター・トレード・ジャパン)

海を越えて「産直4原則」を実現

8日(土)は、バコロドのホテルでエコ・バナナ(バランゴン)の各産地およびATCからの報告、質疑応答、監査所見報告を行ないました。ATCのヒルダ社長からは「公開確認会は3回目の開催となりました。こうした場を通じて、エコ・バナナ(バランゴン)の関係者同士の新たな出会いが生まれ、課題解決につながっています。エコ・バナナ(バランゴン)は生産者と消費者の関係を強化し、また資源循環などさまざまな機能を担っています。手を取り合い、さらに関係を深め、より明るい未来を作っていきたいです」と抱負が述べられました。

監査人からは「契約書を確認し、安全・安心なバナナが栽培されていることが確認できました」「ATCスタッフの役割が大きいことが良くわかりました。生産現場の課題を共有する機会がもっとあるといい」などの所見が出されました。参加者のひとり、高野祐子・パルシステム福島理事長は「私たち組合員には農薬や化学肥料を使用しない安全・安心なバナナが必要です。台風など、昨今の天候不順の中での栽培は大変だと思いますが、組合員のためにも作り続けてほしいです」と、応援の思いを語りました。

パルシステムの青果の仕入れ・販売を担う㈱ジーピーエスの野村和夫代表取締役専務が最後にあいさつし「パルシステムには産直4原則があります。この原則が国境を越え、交流が実現し続けていることに大きな価値があります。バンチートップ病や天候被害が恒常化しているなかでの生産ではありますが、協力し、ともに対策をしていきたいです。生産者と消費者をつなぐ、奇跡のバナナに感謝します」とまとめました。それを受けてヒルダ社長は「我々のバナナがパルシステムにとって、さらに重要な商品になるようがんばります」と応え、公開確認会は終了しました。

パルシステムの産直

パルシステムの商品:エコ・バナナ(バランゴン)