パルシステムのお買い物&コミュニティ

組合員の声を受けての改善報告 2016年10月

2016年10月11日

ひとことメール、電話、インターネット、配送の際にいただくひとこと…パルシステムでは、さまざまなところから届く一つひとつの声を受け止め、カタチにすべく、日々検討を重ねています。そのうちの一部をご紹介します。

組合員の声で商品改善!

『産直バジルのジェノベーゼソース』バジル増量でよりおいしく!

掲載されると毎回のように注文していました。リニューアルでソースがゆるく、水っぽく、風味もいまいち。別物のようになり、残念です。前の商品に戻してください。

前の味のほうがよかった。バジルの量もコクも減り、おいしくなくなりました。改良してください。

2015年に主原料を北米産バジルから兵庫県産の産直原料に変更。レシピも見直して本品にリニューアル。好評の声を多くいただいたいっぽうで、従来品の熱烈なファンの方の一部より「以前の味のほうがよかった」との声が寄せられました。
声をうけて、バジルの風味やソースの具材感などをアップさせ、より完成度の高いソースへの見直しに着手。以下の点を改善し、さらにリニューアルしました。

  • 産直バジルを20%増量。
  • チーズをイタリアチーズの王様とも言われるイタリア産パルミジャーノ・レッジャーノのみにグレードアップし、さらに風味豊かに。
  • バジルを粗つぶしにし、葉の粒感を残しました。さらに工程の見直しで、ソースの粘度をアップ。食材にからみやすくなり、いっそう濃厚な味わいに。

『産直バジルのジェノベーゼソース』について、詳しくはこちら。

『釧路産冷凍さんま』の解凍・調理方法をわかりやすくパッケージに記載しました!

パッケージに加熱するとあるが、そのまま焼いていいのか、解凍してからのほうがいいのか、迷います。

パッケージに解凍方法、解凍時間の目安、料理方法を追記。栄養成分表示も追加して、より利用しやすくなりました。

 

組合員の声でもっと使いやすい仕組みに!

「お届け情報」が見やすく、便利になりました!

注文したチケットの抽選に外れていたと気づかず、届くものと思っていた。

商品が届かず問い合わせたら欠品だった。お届け情報の記載がわかりづらい。

声にこたえて、お届け情報をカラー化しました。大事な情報に目が止まるよう、商品の中止や遅配、抽選商品の当落などを色つきにしました。



ギフトの「注文履歴付き申込用紙」に、夏と冬1年分の履歴を印字するようになりました。

お中元とお歳暮の贈り先は違うので、それぞれの贈り先の履歴を印字してほしいです。

従来まで「前回のギフトの履歴」のみを印字していたため、「冬のギフト」のときは「夏のギフト」の履歴付き、「夏のギフト」のときは「冬のギフト」の履歴付き申込用紙をお届けしていましたが、声を受けて、1年分の履歴を印字することにしました。夏冬両方贈られている場合は、直近の履歴を印字します。
「パルシステムの冬のギフト」トップはこちら

こんな声、受け止めています。

トマトが青いまま届いた。大きさがバラバラすぎます。

kaizen_report05-01

青くてかたいものが届きました。完熟はできませんか?

大きなものばかり2個届いて使いにくい。

トマトに限らず、青果は流通中に熟度がすすむことなどを見越して、季節ごとに熟度を調整しながら収穫しています。しかし、昼夜の気温差がとくに大きい春先や秋は熟度の見きわめがむずかしく、予想よりも青い状態や、熟しすぎた状態で届けてしまうことがあります。いっぽうで、8月は暑さで熟しすぎやすいことを考慮して早く収穫しすぎたために、一部で熟度が足りないままお届けしてしまったようです。このようなことのないよう産地と調整を重ね、同じ産地でも生産者ごとに熟度を調整するなど、安定した品質でお届けできるよう努力してまいります。
農薬や化学肥料になるべく頼らない栽培をすすめる産地では、病害虫の被害や、収穫量の減少、大小まちまちなサイズなどができやすい傾向にあります。パルシステムでは産地を応援するためにも、市販品のような厳しいサイズ選別をせず、食味や品質に問題がない青果はできるだけ多く出荷していただけるよう大小込みとしていますが、声をうけて、より使いやすいサイズでお届けできるかどうか、産地とも協議を重ねます。

届いたきゅうりの中身がスカスカで変色していた。

kaizen_report06-01

切ったら中が黄色くなっていました。

きゅうりの中身がスカスカで白っぽくなっています。

中身の変色やスカスカのスポンジ状になる原因は2つあり、1つは天候の影響できゅうりの生育に必要な水分が不足した場合に生じるもの、もう1つは収穫後の温度管理が不適切であるため生じるものです。きゅうりの場合は5割程度を抜き取って検品し、内部変質の兆候が見られるものを選別していますが外観から判別しきれず、お届けしてしまったものと思われます。寄せられる声をもとに、多発している産地には、収穫後の温度管理や検品をさらに強化するなどで対応をしていきます。届いたものの状態がよくなかった場合、ぜひお知らせください。

届くカタログの上下・左右がバラバラで見にくい。

いつも思うのですが、膨大な量のカタログやチラシが、右開き、左開き、上下、逆さまなど入り方がバラバラで見づらいです。統一できませんか?

カタログセットセンターでは、組合員別に必要なカタログ・チラシと、個人別のお届け情報や注文用紙をセットし、ビニールに包む作業をしています。必要なチラシ類は、機械の吸盤状の部品で吸い取り、ベルトコンベアで流し、1時間で約5000部をセットしています。紙質や印刷の状態、湿度や紙のそり具合などで、うまく吸い取らない場合は、チラシを裏返したり上下を逆にしたりして調整する必要があり、なかなか統一はむずかしい現状です。チラシの印刷や納品方法の改善、スタッフの育成などで改善に向けて検討をすすめていきます。(画像はカタログをセットする「丁合機」)

「トランス脂肪酸」が含まれていない商品がほしい。

ショートニングやマーガリンなど、トランス脂肪酸の入った商品を減らしてほしい。

トランス脂肪酸がよくないということで、マーガリンをとらないようにしています。マーガリンなどを使わないでほしいです。

声をうけて、商品のトランス脂肪酸量の低減や、別原料への切替を段階的にすすめています。まずは子どもがよく食べるパルシステムオリジナル商品を中心にリニューアルを検討しています。例えば『までっこ鶏チキンナゲット』に使用しているパン粉をショートニング不使用の原料に切替え、トランス脂肪酸フリーを実現すべく、試作を繰り返しています。ウェブサイトやカタログでもお知らせしていきますので、しばらくお待ちください。

kaizen_report08-01

「ここが気になる!」10月の疑問にお答えします。

みその色が褐色に変わっていますが、食べても大丈夫ですか?

発酵が進んだものと思われます。食べても問題はありません。
詳しくはこちら

 

予約登録米はいつから届きますか? いつから新米に切り替わりますか?

ご登録いただいたお米のお届けサイクル(ABCDサイクル)によって開始時期が決まっています。
詳しくはこちら

「カラメル色素」って、何ですか?

主に着色料として使われる色素です。製法によって4種類ありますが、パルシステムで使用しているのは、砂糖を焦がして作る「カラメルⅠ」のみです。
詳しくはこちら

そのほかのよくある質問はこちら

ご意見・ご要望をお寄せください。

インターネットの「ひとことメール」では、常時、みなさんの声を受け付けています。(オンラインパル登録が必要です)

「ひとことメール」はこちら